<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | -
果実中毒
「果実中毒」

赤く歪む
今感じる意識
心地よい夢の中のよう
抱き締めて
ねぇ 触って
みんなの視線無視していいから

揺られる体
あなたしか見えない
他はみんな屍のように
錆び付いて
ねぇ 消えないで
生きてる痣を残して

触る髪
涙拭う指も
嘘だとわかるの
赤いサイレン
甘美な言葉
ぐしゃぐしゃに混ざって揺れる

耳元にかかる吐息の意味
理解せず飛び込む
まるで私
操り人形
甘い果実の中毒

夢中にさせて
離れてゆくその手
いつまでも大人しいなんて思ってる?
わかってる?
あなたを虜にさせる計画

猫のように
すりよって泣いて
他なんていらないって言うの
かかった
長い罠
もがくほど深みにはまる

甘い甘いキス
毒を盛る舌
耳元で
ささやいて
アイを

眠る膝
好きなぬくもりさえ
一時の夢よ
赤いサイレン
甘美な言葉
ぐしゃぐしゃに混ざって溶ける

閉じ込めた
胸に鍵をかけて
何度も笑うの
まるであなた
操り人形
甘い果実の中毒

甘い甘いキス
毒を盛る舌
耳元で
ささやいて
アイを

触る髪
涙拭う指も
嘘だとわかるの
赤いサイレン
甘美な言葉
ぐしゃぐしゃに混ざって揺れる

耳元にかかる吐息の意味
理解せず飛び込む
まるで私
操り人形
甘い果実の中毒


(アルバム ムゲンダイより☆
半澤かりんちゃんと歌ったよー!
みやのにしては珍しい曲な気がします。
騙し騙され
探り探られ、それが恋愛なのかなと。
よくわからないけどw
そんな歌詞)

| 美弥乃静 | 美弥乃歌詞 | - | - | -
雪の精
雪の精

流れる風と揺れる波
現実と夢との狭間
この腕の中で震えていたのに
今は暖かさもない
ただの脱け殻

愛した髪も潤んだ瞳も
幻に溶けてく
耳元で囁いた約束
それだけ謎のまま…

どれだけ時が過ぎただろう?
乾いた唇が痛い
抱きしめた細い体を思い
伸ばす指が空をきる
行き場ない腕

愛した声も雪のような肌も
曖昧に消えてく
忘れないともがくほど遠く
剥がれおちる想い

幸せだった
悲くないよ
冬になったら私
思い出して
これが約束

愛した髪も潤んだ瞳も
幻に溶けてく
耳元で囁いた約束
それだけ謎のまま

愛した声も雪のような肌も
曖昧に消えてく
忘れないともがくほど遠く
剥がれおちる想い

☆とあるバンド用にかいた歌詞です。
冬だったのかな?音源にはなりませんでしたが
繊細で好きな曲でした。

| 美弥乃静 | 美弥乃歌詞 | - | - | -